メイクはしたままでもいいの?


初めてのフェイシャルエステの場合、メイクをして行っても良いのかどうかわからない、ということも多いと思います。特に、仕事帰りや学校帰りなどにフェイシャルエステを受ける場合、ノーメイクで出勤、通学するわけにもいかないので、メイクのままフェイシャルエステをしたい、と言う方もいらっしゃると思います。そこで、基本的にフェイシャルエステにおいてのメイクですが、施術の前にきちんとメイクを落として、それから施術をすることが多いです。

 

クレンジングなどもフェイシャルエステの施術に含まれていることが多いので、基本的には、メイクをしていても、しなくてもどちらでも対応は可能であることがほとんどです。もしもお仕事帰りなどにエステに通われている場合には、そのままサロンに行っても大丈夫です。

 

しかし、もしもノーメイクでサロンまで行くという場合には、そのままだと紫外線で肌を傷めてしまうことが多いですので、UVケアはしっかりと行っておくようにしましょう。もしもメイクをしていないという場合にも、最低限のお手入れは必要となります。また、自分が使いたいメイク落としなどがあれば、それらを持って行って、自分でクレンジングをするというのも大丈夫です。

コンタクトはどうする?


フェイシャルエステの際に、コンタクトレンズをしているけれどどうしたらいいのか、ということを疑問に思っている方は多いようです。フェイシャルエステの際には、コンタクトレンズを着用したままでも施術をしてくれるサロンも存在しますが、ほとんどの場合、コンタクトレンズは外しても施術となります。このため、コンタクトレンズのケースや保存液などはエステサロンに持っていくようにしましょう。

 

面倒かもしれませんが、コンタクトレンズを付けたまま施術を行った場合、美容液などが目に入ってしまい、痛みを感じたり、またはコンタクトレンズが曇ってしまったりする可能性があります。またマッサージの際に、ずれてしまったり、コンタクトレンズが外れてしまったりするケースもありますので、外しておいた方が無難です。

 

コンタクトレンズを付けたまま、目の周辺はマッサージをせずに施術をしてくれるエステサロンもありますが、心配なようなら、事前にサロンの方へ確認をしておくようにしましょう。また、ソフトレンズか、ハードレンズかによってもコンタクトレンズは異なります。ハードレンズの場合は、外すことを薦められるケースが多いですが、ソフトレンズの場合は、着けたままでも良いケースも多いようです。

フェイシャルエステの注意


フェイシャルエステというのは、デリケートな部位であるため、初めに注意点をしっかりと把握しておくことが大切です。身体の他の部位とは違い、フェイシャルの場合には、もしもトラブルがあった場合、見えやすい個所になります。このため、何かトラブルがあると、仕事や学業にも影響する可能性がありますので、施術前には、注意事項などを知っておくことが大切です。

 

まず、フェイシャルエステを受ける前には、自分の肌の状態などを知っておくことが大切です。たとえば、今現在日焼けをしていたり、または肌にニキビが出来ていたり、肌荒れをくりかえしていたり、と何かトラブルがある場合は、フェイシャルエステを受けることで、改善することもありますが、さらに悪化してしまうケースもあります。

また、アトピーやアレルギーがある場合も、フェイシャルエステを受けることによって、もしかすると悪化してしまうという可能性があります。このため、事前のカウンセリングなどで、施術が可能であるかということや、施術をしても問題がないのかどうか、しっかりと相談をしておくことが大切です。

 

さらに、皮膚科などに通っている場合は、事前に医師に相談をするなどをして、フェイシャルエステの施術を受けても問題がないかどうか、ということを確かめておくようにしましょう。フェイシャルエステでは、皮膚の薄い部分なども施術を行いますので、赤くなってしまったり、トラブルが生じてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

関連HP≪肌質や状態を把握したうえでトラブルが無いように施術を行っているエステサロン たかの友梨≫

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress